omarch175のブログ

おまーちくんがつらつらと日頃のことを書くブログです。

G 君の名は希望

 

 

どうも、おまーちくんです。

f:id:omarch175:20190804192036j:image

 

 

 

ところで、みなさん、ゴキブリの退治したことありますか?

 

 

ちなみに僕はあります。

 

 

でも、キモイじゃないですか?なのであんましないし、いつも他の人に任せるんですよね。

 

 

今回はそんなGと僕のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時は令和。俺はオタク。齢は当時19。

今日もヒマヒマシコシコ侍で早漏。というギャグ(?)を思いつくくらいに暇でした。

 

 

 

そんな敗戦国の末路みたいな時間を過ごすくらいなら何かしようと考えました。

 

 

 

 

 

それはtinder 

 

 

ーTinder(ティンダー)とは Tinder(ティンダー)はFacebookと位置情報を利用したマッチングアプリです。 全世界、約190ヶ国で利用されている超大手のマッチングアプリで、累計マッチ数は200億回を突破しています。 現在も毎日2600万以上のマッチが発生しており、世界でもっとも出会いを提供しているアプリといっても過言ではありません。 Tinder社の広報担当は出会い系サービスではなく、社会的な繋がりを作り出すサービスであると発表していますー

 

 

 

そして、聞くところによると、課金しなくても無料で出会えるアプリとのことらしい。ムムム。僕の中の川平慈英も唸り出しましたよムムム。

 

 

 

ではまぁ俺も少しやってみようじゃないかとなり、顔写真(ちょい隠し)(ブサイクだから)を載せました。

 

 

 

すると、数日のうちに数件マッチしました。

 

あのさぁ...俺ですら数件マッチしたのにそれでも全然マッチしないオタクくんさぁ...(ニヤ)

 

 

 

 

なのでメッセージのやり取りを何人かとすることができ期待に  股間。いや、胸を膨らませました。(マッチするとメッセージが送れるシステムなのだ!へけっ!(ハム太郎vo.))

 

 

 

まぁ、tinderをやって何がしたいというのもないので、成功したらセッヌヌでも出来たらいいなぁ...と思ってました(少年のような心)

 

 

 

当方、陰キャくそ(2nd)童帝なのですが、LINEを交換したり、謎の行動力卍を見せつけました。

 

 

そんな中、とうとうあのメッセージが。。。

 

 

 

f:id:omarch175:20190805010320j:image

 

はい。来た。これは。来た。ガチ。来た。

 

 

Twitterにいるオタクくんゴメンなあ...😢😢😢と思いつつ⤵︎ ︎のような返信をしました。

 

 

f:id:omarch175:20190804190729j:image

 

(シンプルスカしてて草)

 

 

 

 

 

よし、それでは聖地に向かうとしますか...。と僕はウキウキになりながら原付を30km/hで走らせました(卍法定速度守る系オタク卍)

 

 

 

そして、場所に着いたら、女の人が...!

 

 

 

 

僕は心を落ち着かせ、なんとかスカし、「ッス...」と弱小野球部のくせにちょっとうまいやつみたいな挨拶をしてしまいました。

 

 

 

女の人は「君〇〇くん?ほんと!助かった〜!」と言ってました。何が助かったんだ?(笑)(伏線)と思いながらも歓迎されたムードの僕と僕の息子はウキウキです。

 

 

 

そして、家へと着きました。そして、中に入ろうとした時に「あの...黙ってたんだけど...」と言われ...

 

 

「いやいやいや...まぁこの後何すんのかわかってますって!セッヌヌでしょ!そんなの入る前に言わなくていいっすよw」と頭ん中で思い、ニヤリしましたw

 

 

 

 

そして、

 

 

そして、女の人はこう言いました...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゴキブリ退治して欲しいの!!!」

 

 

 

 

心の中の僕「(は?)」

 

 

 

 

現実を受け止められない僕「え、どゆこと?笑」

 

 

 

 

 

ゴキブリ「カサカサ」

 

 

 

 

 

 

ゴキブリ無理だけどスカす僕「あ、まぁ...。いいすよ...。」

 

 

 

 

ゴキブリ女「ありがとう!!!」

 

 

 

 

 

 

 

アースジェットで殺すぼく「ゴキブリ...君の名は希望と今知ったよ...(タイトル回収)」

 

 

 

ゴキブリ「(カサカサ...カサカサ...)(死亡)」

 

 

 

 

〜fin〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のおまーちブログのまとめ

 

tinderはクソ。tinderやってる女は総じてクソ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.それでもゴキブリ退治した、その後どうなった?って思いますよね。普通にゴキブリがいた家(そのクソ女のね)上がって、何もしないまま帰りました。tinderもうやらね。しね。(多分俺にそういう雰囲気にするテクがないだけ)(それでも退治した後に出来るか?)

 

 

 

 

それでは、読んでいただきありがとうございました。

 

 

ガチ恋は恥じる文化なのか誇る文化なのか?

斜構煽りをしときながらお前が斜構だろと言われがーちくんです。

 

斜構なので文章も傾いてしまいました。(´ω`)トホホ…

 

というのは見にくいのでやめて、今回は溢れ出す暇な時間を無駄にしないためこのブログを書きました。

 

拙い文ですが読んでいただけると幸いです。

 

今回の題は、「ガチ恋オタク」について。

 

まずガチ恋オタクとはどういう奴なのか。例えば「推しメンの名前をツイートしまくったり」

「推しメンと同じ苗字をユーザー名にしたり」

「推しメンがほかのオタクと話してたらイラつき」「推しメンのことについて他の人がツイートしたら反応してイラつき」「推しメンについて...etc」

 

 

救いようがないですね。

 

 

でもこのガチ恋たちは恥じるべきなのか?これを追及したいと思います。

 

 

それでオタクをしている時点で恥じるという話はなしにしたいと思います。その時点で議論が終わるので。

 

 

ではガチ恋が恥じるべき点から議論を進めましょう。

 

 

では僕的にガチ恋が恥じるべき点を上げてみました。

 

 

  • その1. 推し被りとギクシャクする
  • その2.叶わない恋
  • その3.単純に気持ちが悪い

 

 

 

では、その1の推し被りのオタクとギクシャクから話していきましょう。これは考えてみればすぐ分かる事なのですが、ガチで恋をしているので、アイドルがほかのオタクにレスをもらったら気分が悪くなる。

 

 

またそのオタクのことを「なんだあのモブは」と敵視するようになります。これはいけませんし、オタクから排他的なムードが漂いグループのムードが悪くなる。これは恥じるべき。(断言)

 

 

 

 

では次にその2の叶わない恋という点を話していきます。叶わない恋というのは文字通り叶わないんですね。

 

逆に叶ってしまったらそれはアイドルの活動を超えた範囲。今1番シビアな所です。ですが叶う確率は低くオタク総人口のほっっんのひと握り(しかもイケメン)(しかもそれほどのイケメンならオタクをしていない)

 

 

なので叶うはずもないのにガチでアイドルに恋をしてるのは客観的に見ていて恥ずかしいわ‼️という人が大半なのです。これは恥じるべき。(断言2)

 

 

その3.単純に気持ちが悪い

 

オタクは気持ち悪い。議論の余地なし。(断言3)

 

 

 

 

と言った具合にガチ恋オタクの性質と恥じるべき点がわかったと思います。

 

「まぁガチ恋オタクってダメダメじゃないの‼️」と思った人。それ間違いです。ガチ恋のいい所だってあるんです。それではガチ恋オタクのいい所を羅列したいと思います。

 

  1. 推しに忠実
  2. 金を推しメンに落とす
  3. ガチ恋なので身の回りに気を使う

 

1の推しに忠実ガチ恋じゃないと出来ないと思います。ガチ恋故にってやつです。アイドル的に見ても自分のことを一生懸命応援してくれる人は助かるのではないかと思います。これは良い。

 

 

 

2の金を推しメンに落とす。これはアイドル的には大事なことです。

 

アイドルだって商売。仕事。なのだから当然出来上がりが売上に繋がるシビアな世界(お前何目線)。なので金を落としてくれるガチ恋オタクはとても助かるし素直に有難い存在であると思います。

 

また運営的にもお金を落としてくれる客は良い評価だと思います。これは良い点。
 

 

 

 

3のガチ恋なので身の回りに気を使うはガチで恋をしているので服装や髪型などにも気を使うということです。推しメンに逢いに行くのはイコールでデートなのですから。

 

これは当たり前です。どのくらい当たり前なのかと言うと当たり前体操で2番目に紹介されるくらい当たり前なのです。

 

でもこれは良い点なのです。オタクは不潔で身の回りに気を使わないものだと思われがちなのでガチ恋オタクは良いと言えます。(まぁガチ恋じゃなくても気を使うケド戦記)



というようにガチ恋オタクについてひとつのレポートくらい書き上げたのでこのまま大学に提出していきたいと思います。

 

 

またこの内容はおまーちくんの独断と偏見に基づいているので真に受けないで適当に笑いながら流していただけると幸いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。そして最後に推しメンの画像を。f:id:omarch175:20190527224133j:image

 


f:id:omarch175:20190527224136j:image

 

p.s.こんなのギャンかわいくてガチ恋なンだわ。チーターか?

 

 

 

セトつくセトつく卯月

 

平成が終わり令和が始まろうとしているこの卯月。その歴史的な月の終わりに歴史的な握手会が始まろうとしています。

 

 

 

それは 55枚目シングル ジワるDays大握手会。

 

 

 

なぜ僕は行くのか。

 

 

 

1年前の僕だったらそう思っているでしょう。

 

 

 

1年前の僕は趣味も特になく、ただ惰性的に大学生活を送ろうとしていました。

 

 

 

そんな時に、アイドルモチベを復活させてくれた「Twitter」(いや、乃木坂じゃないんかいW)

 

 

 

そのTwitterに平成最後の感謝を僕は述べたいと思います。

 

 

 

Twitterがなければ僕と今村美月さんとの運命的な出会いはありませんでした。

 

 

ありがとうございます。(なんの話し?)

 

 

またTwitterがなければこのブログ。またやこのブログを読んでくれているFFの方との出会いもありませんでした。

 

 

ここに感謝を述べたいと思います。

 

 

 

 

さて、僕のご自慢の文才(今村美月さん公認)でしっとりとしてしまったので、

 

これから今村美月さんに向けたブログにシフトチェンジしたいと思います。(笑)

 

 

⚠️また、これから今村美月さんを想いながら書くため語彙力が低下しています。ご了承ください。

 

 

今日はakb48大握手会だったので今までのSTU48の個別握手会とは勝手が違いました。

 

 

 

ちなむと、推し度の故に忘れているかもしれませんが、元坂オタとハロプロオタの僕はその2つしか握手の勝手が分かりません。

 

 

では違うところはなんなのか。

 

 

沢山あるのですがなんと言っても大事なのは

 

 

抽選で特典がついてくることです。

 

 

2Sやデートプランカードお渡し会 サインカード シチュエーション1Sなどバラエティに富んだ特典があります(akb48さんありがとうございます)

 

 

ですが先程も言いましたが、抽選なんです。

 

 

なので、その抽選を引き当てないといけないのです。

 

 

今日私おまーちくんは初めてということもあり緊張していました。(いつも握手前は緊張しているケド戦記W)

 

 

まずどうしても推しメン(今村美月さん)(みちゅ)の特典が欲しい。

 

 

まず1回目の抽選...ハズレ。

 

 

どうしてだよぉぉおおおお‼️‼️‼️なんでなんだよおおお‼️‼️‼️(藤原竜也vo.)

 

 

と心の中で雄叫びを上げてしまいました。

 

 

ですが、藤原竜也で思い出したカイジの名言が頭の中を過りました。

 

f:id:omarch175:20190430003703j:image

 

 

そう。負けを認めること。(大袈裟)

 

 

(でも握手出来るから勝ちなんだよなぁ...)

 

 

 

そして今村美月さんとの久しぶりの握手...やっばい緊張しました。

 

 

まず彼女感のある服装、ポニテ、本気で全部好き顔面どっタイプですやんなー...(死語)ってなりました。

 

 

無事にガチで好き好きマンになれました(いつもやろW)

 

 

あと、一緒に連番したあきくんもありがとう...(圧倒的感謝...!)(あの言葉を引き出してくれてありがとう😢)

 

 

 

そして、2回目また運命の抽選...

 

 

 

俺の中のカイジがザワザワし始めました...ザワザワ...ザワザワ...利根川...!(係員を利根川と言うな)

 

 

どこからでも...来い...来い...来い...来い...!(カイジvo.)

 

 

 

そして...

 

 

 

なんと...

 

 

なんと...(早くしろ)

 

 

 

 

当選しました...!!!

 

 

 

f:id:omarch175:20190430004813j:image

 

 

いやあ、神ちゅでした...本名とオタクの名前を書いてくれるなんて...。

 

てか好きとか絶対これやばいでしょ(勘違いオタク)(早口)

 

 

そのあとも1S連続当選したりなど神的な引きをしました。根がギャンブラーなので。

 

この顔は2人だけの秘密なので...(図々しい)

 

f:id:omarch175:20190430010018j:image

 

 

このようにまあまあな頻度で当たるのがいいとこですね(1割バッターもいますが)(苦笑)

 

 

終わって思ったんですが、akbの握手楽しい。食わず嫌いで来てない人もいるかもしれないので是非推しを見つけて来て欲しいものです。(宣伝)

 

終わりに、なりましたが、今日も今村美月さんは神的な輝きでした。

 

レポは恥ずかしくて(自分がどもった覚えしかないので)載せられませんが、色々と褒めてくれてありがとう😢って感じでいっぱいです...ぼくオタクなのにね...

 

久しぶりに女の子に褒めてもらってすごい嬉しかったケド戦記...。(ちな大学2年生)(私文なのに何してる?)

 

てか最後にケド戦記言ってくれたのはガチで神。(笑)(係員の人驚いてたよW)

 

 

 

ほんとに楽しすぎて、今日の余韻だけで1800文字書けました。では今回はこの辺で終わりたいと思います。

 

 

 

また凸(馴れ合い)ってくれた方ありがとうございました。凸れなかった人もまた凸りしましょう!

 

 

 

ではでは。また明日...おやすみみちゅ〜

 

 

 

(追記)セトつくセトつくシリーズもとうとう第3弾となりました。ありがとうございます。これからも頑張ります。

オルタナティブ、それはニュアンス

春休みの終わりとともに、大学1年という輝かしい時も終わりになる絶望感に打ちひしがれている僕です。

 

今日はそんな陰鬱な雰囲気を吹き飛ばすような曲を紹介していきたいと思います( ´-`)

 

ぜひとも暇な大学生は聞いてみてください(大学生全般を暇人扱いするな)

 

 

 

ちな、全部洋楽なので、洋楽聞かない人でも聞いてみてください。

 

あと、選曲がガチすぎて、おもろくないので承知してください😢

 

  1. Nirvana / smells like teen spirit
  2. Red Hot Chili Peppers / can't stop
  3. oasis / super sonic
  4. Radiohead / Fake Plastic Trees
  5. Arctic Monkeys / Dancing Shoes

 

 

の6つのバンドの6つの名曲を今回は紹介したいと思います。

 

Smells Like Teen Spirit

Smells Like Teen Spirit

 

まず初めは Nirvana / smells like teen spirit  オルタナティブ ロックシーンを牽引した伝説のバンドの曲です。

なんで伝説かと言うと活動期間が短い。たったの7年しか活動してないんです。その7年で数々の名曲を残してきたんですが、今回紹介する曲はその中でも有名なものです。1度は聞いた事あるのではないでしょうか。激しい衝動による音楽が10代の若さを表している1曲になってます。

 

 

 

 

次は Red Hot Chili Peppers /  can't stop です。このバンドはレッチリで聴いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

活動期間もNirvanaと比べてとても長く、未だに活動を続けてる長寿バンドです。2012年にロックの殿堂入りを果たしました。

can't stop はレッチリのファンクパンク感があまりなく、全体的にポップな仕上がりになっており、とても聞きやすい1曲だと思います。

 

 

 

Supersonic

Supersonic

  • オアシス
  • ロック
  • ¥200

 

3つ目は Oasis / super sonic です。

oasisはあのビートルズの再来と呼ばれました。oasisと一緒に聞いてもらいたいのがBlurなのですが、それは次の機会に紹介したいと思います。oasisで有名なのがギャラガー兄弟。この画像でお馴染みだと思います。(この画像は兄のノエル・ギャラガー)

 

f:id:omarch175:20190330173306j:image

ギャラガー兄弟は素行が悪いということで色々と話題になるのですが、僕的にはその素行の悪さもロックバンドにおいてはいいと思います。別にコカインやってようがそれすら良いと思ってしまう。

 

 

このSuper Sonicはリアルなイギリスの労働階級(あまりよい暮らしとは言えない)の若者の曲となっていて、リアリティがあります。

 

 

この曲は何を伝えたいんだ?ということで難解だとよく言われていますが、僕的に伝えたいことなんかなくて、ただあるがままに歌っているだけだと思います。

 

レディオヘッドとアクモンについては次回たっぷりと書きたいと思います。

 

また、ぜひ聞いてみて感想もツイートしてくれたらと思います。それでは。

 

 

 

 

 

セトつくセトつく弥生

f:id:omarch175:20190320165106j:image

 

どうもこれになりつつあるおまーちくんです。

 

 

乃木坂オタクばかりのTLに突如と現れたこのブログを覚えているでしょうか?

 

 

 

覚えていないですとかいう人もどうか見ていってくれると嬉しいです。

 

 

 

先月、ぼくは新しい「セトつく」という概念を創作してしまいました。

 

 

 

全く恐ろしい男だと僕の中の岡元先生(中学時代の担任)は言ってる気がします。(知らんw)(先生元気にしてる?)

 

 

ですが初見の方もいるので、丁寧に説明します。どんくらい丁寧かと言うと、川相のバンドくらい丁寧にします。(巨人~中日)(野球ネタ)

 

 

セトつく...STU48のオタクになる。また、オタクにならなくとも、STU48をたしなむこともいう。

 

(使用例)

男性A「あー、最近おもろいことないな」

男性B 「じゃあお前セトついてみない?」

 

といった感じです。

 

 

前回、セトつくことの簡単さはあまり力説出来ませんでした。

 

 

 

なので今回は、セトつきやすさ。これを説明します。

 

 

そこで、それに関連して僕の中のレイザーラモンRGが「セトついてるやつについてのあるある(?)」を披露していきたいと思います。

 

 

 

これでセトつきやすさがわかると思います。頭の中で自分で再生して楽しんでくれると嬉しいです。

 

では、行きます。

 

 

 

 

セトついてるやつのあるあるを~早くいいたい~

 

 

 

 

 

 

セトついてるやつのあるあるを~早くいいたい~

 

 

 

 

 

 

 

セトついてるやつのあるあるを早くいいたい~

 

 

 

 

 

セトついてるやつのあるあるを早くいいたい~

 

 

 

 

 

セトついてるやつのあるあるを早くいいたい...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいたい乃木オタ!

 

 

 

はい!決まりました。そう。だいたい乃木オタの人なんですね。だいたいといってもまぁ全体の数がどんだけなのは分からないのですが(?)

 

 

でも乃木坂オタクの人が多いことは確かです。

 

 

 

またメンバーも乃木坂さんのことが好きなメンバーもいるので、同じ目線。同じ話題として乃木坂さんを出せるという強みでもあります。

 

 

ちな、"僕の推しメン" "今村美月さん"は齋藤飛鳥ちゃん推しの乃木坂オタクちゃんです。

 

 

といった感じに乃木で蓄えた知識を使える。

 

 

 

知識は使ってなんぼだと思いませんか?

 

 

まぁとっかかりやすいと言うことさえわかって頂ければ幸いです。

 

 

 

 

次にSR配信。これも大事。

 

 

 

オタクは大体オールしたがる生き物なので夜中から朝にかけての時間。起きていたいけど暇。

 

 

 

そんな時間ありますよね?

 

 

 

そんな時間にSTU48メンバーの配信を見る。なんとこれが出来るんです。

 

 

毎日7時くらいからやっているメンバー。6時からやるメンバーなどかなり早朝なのでオールのついでにどうでしょうか?

 

 

 

 

最後になりますが、ハマりかけたら「セトつく」と言ってください。

 

 

 

直ぐに迎えにいって瀬戸内に溺れさせます。(住みは神奈川だケド戦記)

 

 

そして、もう買えないので遅いんですが、明日はそんなSTU48の握手会です。

 

次の機会にでも行ってみては、セトついてみてはどうでしょうか。

 

 

では、今日も読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

それでは、それでは、よいオタクライフを

 

 

 

 

 

 

あと最後に一つだけ。

 

アイドル説教系オタクは何をしてもダメ。

 

何もためになってないから。

 

 

今村美月さん応援してます。

 

 

p.s.↓これになりたい(笑)

f:id:omarch175:20190308203739j:image              

幸せとは。

幸せといふものは、認識しなければ幸せとはならない。

 

逆に、何か一つ幸せを認識さえすれば、幸せになる。

 

不幸だとしても、何か幸せなことを見つけて、あぁ今日は幸せだった。そう思えればそれが幸せなのだ。

                            おまーちくん(19歳男性)

 

 

 

という、僕の心の中の文豪が飛び出して迷言を残して行きましたけども(笑)(文豪か?)(いいえ斜構です)

 

 

幸せといふもののは難しい。

定義がないから。

だが定義はいるのか?

幸せなんか人それぞれでいいじゃないか。

だって、人間だもの。  

                                  あいだみつをーちくん

 

 

 

 

 

やばいやばい。この短い間で僕の中の文豪(相田みつをは違うだろ)が暴れている。

 

 

次の文豪が飛び出す前に、本題へと入ります。

 

 

 

昨日(今日)は今村美月さんの生誕祭でしたね。

 

 

ぼくは金銭的な都合。また車校という人生でも最難関クエスト(大袈裟)を倒すために聖地ゲバントホールへ向かうことが許されませんでした。

 

 

萎えました。

 

 

なんで行けないのか。

 

 

行きたい。ゲバントしたい。セトつきたい...と。

 

 

今日はみちゅの生誕祭という晴れやかな舞台なのにぼくは晴れやかな気分ではありませんでした。

 

 

ですが、その晴れやかではない気分はなくなり、ぼくは今日幸せになれました。今日というふ日が幸せだと今は断言できます。

 

 

その幸せは今村美月さんがくれました。

 

 

まず、モバメ。行けない人のことをも考えられていて、また生誕祭で忙しいのにも関わらず、

たくさんの内容。たくさんの件数。たくさんの写真をありがとう。

 

 

全て読み。全てに感謝をし。全ての内容が好きです。(トリコみたいに言うな)(やんなー)

 

 

 

また、showroom配信。

 

疲れているのにも関わらず、配信してくれました。

手紙も読んでくれてありがとうございます。お父さん。お母さん。今村美月さんを育ててくれてありがとうございます。美月さんはお名前の通りとてもよいお嬢さんです。

 

 

えーと、ところで、お義父様。お義母様。ご挨拶したいのですがいつ向かえば?(笑)

 

冗談はさておき...

 

配信で、泣いてるみちゅをみてぼくも自然と涙が出てきました。

 

 

その涙から、みちゅの今日の頑張りやそれほどよい生誕祭だったというのも感じ取れ、自然と涙が出てきました。(これは花粉症じゃないよ!)(ほんとだもんね!)

 

 

今村美月さんは応援していてとても楽しいアイドルです。

 

 

ちな、これを読んでる人は多分知ってると思いますけど(笑)

 

 

 

さて、最後になりますが、恒例(!?)のなうそんぐを。

the pillowsの 今日にぴったりの「ハッピー・バースデー」という曲です。よかったらぜひ。

 

 

https://youtu.be/ICYb757w_sI

 

 

 

今日も今日とて読んでいただきありがとうございます。(みちゅのお義父さんの文才欲しいです)

 

またあす~~~おやすみちゅ~~~

 

今村美月 生誕祭

今この記事を書いているぼくは非常に、テンションが上がっています。

 

それは、再テストが今日あるからでも、もみじ屋(某大学の前にあるラーメン屋)が食べれるからでもないです。

 

そう、タイトルにもある通り、今村美月さんの誕生日なのです。

 

おめでとう、みちゅ~!

 

 

こんなに、嬉しい生誕はありません。なんなら自分の誕生日なんかどうでもいいです。(いいえ、よくはありません。父上、母上ありがとうございます。)

 

 

あぁ、神か?神なのか?と言うくらい、かわいい今村美月さんの19歳の誕生日が祝えるのは嬉しいことですね。

 

 

僕も泣きそうです(ガチ恋)(お前が泣くな)

 

 

 

今村美月さんを好きになったのはほんとに最近ですが、こんなに人を推してるのは初めてかもしれないですね。

 

 

 

たくさん言うことはありますが、もう何を言っていいのかわからんので、語彙力がおかしくなってるよー。(元から)

 

 

さてさて、ここで、僕からのバースデーソングをリンクに貼ります。

BUMP OF CHICKEN『HAPPY』 - YouTube

 

曲はBUMPで「HAPPY」

 

この歌は、ずっとハッピー!って感じなことを言ってる歌ではなくて。

 

これからも辛いことがあるかもしれない。挫折することがあるかもしれない。

 

だけど、だけど、頑張っていれば、悲しみもつらさも消える。だから頑張ろう。っていう歌です。

 

 

ぼくはこの歌で何回も励まされました。なのでこの歌を贈ります!(ここまで早口)

 

 

まぁここまで早口でお送りしてきましたが、ほんとにお誕生日おめでとうございます~!

 

19歳の今村美月さんも推します!!!

 

それでは。今日はこのへんで。